両家族のご縁を結ぶリボンを使ったウェディングケーキ

ウェディング,ケーキ,リボン

どのようなウェディングケーキにするかを決める際に悩むのは、やはりデザインです。新郎新婦、ご家族にとっても一生の思い出に残る結婚式だからこそ、特別なウェディングケーキを用意したいものです。そこで、二つの家族が繋がる特別な日ということで「ご縁を結ぶ」という意味を持つリボンをモチーフにしたウェディングケーキはいかがでしょうか?
会場の雰囲気や衣装のデザインなどに合わせて、素敵なウェディングケーキをオーダーする際の参考にしてみてください。

種類が豊富なウェディングケーキのリボンデザイン特集

ウェディング,ケーキ,リボン

ウェディングケーキの装飾として人気のリボンには、実はたくさん種類があります。どのようなリボンにするかによって、ゴージャスに見せることも可愛らしく見せることもできるので、理想のデザインを探してみてください。

シンプルに見せる蝶結び!

リボンといえば、まず多くの方が思い浮かべる形が蝶結びです。太目のリボンをウェディングケーキのトップに飾ると可愛らしく、細めのリボンを結んで、両端を長くして飾るとエレガントな印象になります。このような工夫をすることで、シンプルながらも存在感のあるウェディングケーキに仕上がります。また、ダブルの蝶結びにすると、結婚式らしく上品なウェディングケーキになります。

豪華に見せてくれるフレンチボウ

輪を幾重にも重ねて、ウェディングケーキをゴージャスに見せてくれるフレンチボウは、一番人気と言っても過言ではないほど多くの方に選ばれている結び方です。フレンチボウは両端を垂らすのが一般的なので、タワー状のウェディングケーキにおすすめです。もちろん一段でも、プレゼントボックスのように結ぶととても素敵です。

華やかに見せてくれるウェーブリボン

リボンの両端の部分がウェーブ状になっているのが、ウェーブリボンです。2段や3段のウェディングケーキに飾られることが多く、華やかに見せてくれます。蝶結びかフレンチボウかによって、ウェーブリボンの印象も変わってきます。

可愛らしい雰囲気のポンポンボウ

ウェディングケーキのトップにちょこんと飾る、フレンチボウの両端がない結び方をポンポンボウと呼びます。端がないので、他の段にリボンがかかることがありません。そのため、一番上の段にポンポンボウ、次の段に蝶結びのリボンを巻いても可愛らしいですね。

リボンに合ったウェディングケーキの形

ウェディング,ケーキ,リボン

次は、どのような形のウェディングケーキにしたいのか、全体のシルエットを決めましょう。それぞれのシルエットに合うリボンも紹介していきますので、お好みの形をお二人で見つけてみてください。

スクエア型が人気

比較的価格が抑えられるスクエア型。シンプルな形ですが、装飾次第で豪華に見せることができます。シックで大人っぽい雰囲気にしたい方におすすめのシルエットです。ケーキを箱に見立てて、プレゼントを包むような形でリボンを結ぶと、素敵な雰囲気に仕上がります。

定番のホール型

ケーキと聞いて、多くの方がまず思い浮かべるのがホール型ではないでしょうか。イギリスでは、三段のホールケーキを用意して、一段目は当日来てくれたゲストと一緒に食べ、二段目は来られなかったゲストへ配り、三段目は子どもが生まれたとき、または一年目の結婚記念日に食べるという習慣があります。伝統のあるオーソドックスな形のケーキといえるでしょう。一段目の下部に、両端を長めにしたリボンを結びつけると大人っぽい印象のウェディングケーキになります。

結婚式に華を添えること間違いなしのハート型

結婚式ではケーキ入刀の後、ケーキをお互いに食べさせる「ファーストバイト」という演出があります。新婦側からのファーストバイトでは、わざと巨大スプーンを使って口いっぱいにケーキを食べさせるという定番の演出もあり、ハート型のウェディングケーキなら、人目を引いて結婚式に華を添えてくれます。斜め上部に両端を長めにとったリボンを飾りつけ、その上にお二人の名前やメッセージを記すと、オリジナル感がありますね。

変わっているけれど可愛らしいタワー型

素敵な由来を持つ三段ウェディングケーキのほかにも、タワー型のケーキが存在します。カップケーキをスタンドの上にのせたカップケーキタワーは、費用を抑えたいけれど、可愛らしく見せたい方におすすめです。ひとつひとつのカップケーキにリボンを結びつけるのもおしゃれですし、カップケーキスタンドの柱に大きいリボンを結びつけるのもインパクトがあっていいですね。
また、シュークリームをあめで台に固定してタワー状にする、クロカンブッシュも素敵です。タワーの頂点にリボンをのせたり、シュークリームの間に飾り付けたりするのが定番です。

ウェディングケーキに合うリボンの色

ウェディング,ケーキ,リボン

ウェディングケーキに飾る自分好みのリボンと形が決まったら、次は色選びです。同じリボンやシルエットでも、色が違えば印象も全く変わります。お二人の好きな色や式場の雰囲気に合わせて選びましょう。

結婚式にぴったりな純白

結婚式といえばやはり純白は外せません。飾りつけのリボンの色まですべて白で統一すればシンプルで清楚な印象になります。リボンの色だけアクセントで別のカラーに変えてみても、ウェディングケーキの雰囲気がガラッと変わりますよ。

可愛いケーキに憧れる方にはピンクがおすすめ

可愛らしいケーキにしたい方は、女性なら誰もが一度は憧れるピンクのリボンにしてみてはいかがでしょうか。ピンクと言っても、サーモンピンクやパステルピンクなど種類がたくさんあります。トップにサーモンピンクのフレンチボウを飾れば、大人っぽく上品な印象に。パステルピンクの蝶結びリボンを飾れば、可愛らしい印象にまとまります。どちらも結婚式にぴったりなやわらかい色合いですので参考にしてみてください。

まとめ

ウェディングケーキに飾るリボンのデザインや、色についてご紹介しましたが、いかがでしたか?人生における特別な一日だからこそ、ウェディングケーキ選びには時間がかかってしまうと思います。そんな悩める方に、少しでも参考にしてもらえたらうれしいです。素敵なウェディングケーキで幸せな結婚式を迎えてください。