お気に入りが見つかる!素敵なウェディングケーキのデザイン

ウェディングケーキ,デザイン

ケーキカットの演出の際にゲストの方にも注目され、写真にも残る重要なアイテムがウェディングケーキです。ウェディングケーキにはさまざまなデザインがあり、どんなものにするか迷ってしまうこともあります。式の雰囲気に合わせたり、好みのデザインを選んだり、2人の趣味を取り入れたりと、ウェディングケーキには新郎新婦の個性が出るものです。大切なウェディングケーキのデザインを決める際に参考になる、お気に入りのデザインが見つかる方法をご紹介します。

1 お気に入りを見つけよう!ウェディングケーキのデザイン

ウェディングケーキ,デザイン

どんなウェディングケーキにしたいのかを決めるには、まず自分の好みのデザインを見つけることが大切です。ケーキはシルエットや装飾で大きくイメージが変わります。まずは基本的なデザインを知ることで、自分好みのものを探してみましょう。

1-1 ウェディングケーキの基本的なシルエット

まずはウェディングケーキの基本となるシルエットと、よく使われる装飾を見ていきましょう。ケーキのシルエットは、スクエア、丸型、ハート型、タワー型が基本形です。それぞれの形を組み合わせたり、積み重ねて高さを出すことができます。

1-2 スクエア

スクエアは四角形のことです。シンプルですが段差を重ねたり、装飾にこだわることで豪華に見せることができます。シンプルな1段のスクエア型は、表面積が広い分、シュガークラフトやイラストプリントなど思い思いに飾り付けることができます。

1-3 丸型

ケーキ」と聞いて思い浮かべることが多いのが丸型です。こちらも段差を重ねることでよりゴージャス感を出すことができます。装飾にこだわることでイメージをガラリと変えることも可能です。

1-4 ハート形

愛をイメージさせるハート形は、ウェディングケーキとしても人気のシルエットです。特別な型を使って焼き上げるため、スクエアや丸型よりも値段が高くなります。ハート型ケーキを4つ並べて、四つ葉のクローバーにするのも素敵です。

1-5 タワー

イチゴやマカロンを積み重ねてタワーのような形にしたウェディングケーキです。タワー型は高さがあって華やかですが、その分値段も上がります。

1-6 装飾で雰囲気をチェンジ

同じ丸型の3段ケーキでも、装飾によって可愛い雰囲気や大人っぽい雰囲気へガラリと変えることができます。装飾を組み合わせたり、色を変えるだけでまた違った雰囲気に仕上がるのも、ウェディングケーキのデザインのおもしろいところです。ウェディングケーキに使われる基本的な装飾についてみていきましょう。

1-7 フルーツ

色とりどりのフルーツは見た目を華やかにしてくれるだけでなく、食べてもおいしいのがポイントです。イチゴ、ブルーベリー、ラズベリーなどのベリー系が人気ですが、ブドウやオレンジなど好きなフルーツを取り入れても個性が出せます。

1-8 花

ウェディングケーキの装飾モチーフで人気なのが花です。生花を飾るのはもちろん、シュガークラフトや飴細工で食べられるフラワーモチーフを作ることもできます。定番のバラはもちろん、シャクヤク、アネモネ、桜など好きな花を飾ることで華やかな雰囲気に仕上がるのがポイントです。飴細工はツヤがあり、繊細で華やかな仕上がりになります。シュガークラフトはパステル系からヴィヴィットな大人カラーまでさまざまな色を出せるのが魅力です。値段を抑えたい方にはマジパンで作ったフラワーモチーフがおすすめです。

1-9 リボン

「人と人の縁を結ぶ」という意味をもつリボンは、ウェディングケーキにピッタリのモチーフです。チョコレートやマジパン、飴細工などで作ることができます。リボンの大きさや太さを変えることで、大人っぽく仕上げることも可愛さを強調することができます。

1-10 キャラクター

ペットや大好きなキャラクターをモチーフにしたウェディングケーキもあります。立体的なキャラクターを飾りたい方にはシュガークラフトやマジパンがおすすめです。マジパンはアーモンドと砂糖をペースト状にしたもので、さまざまなモチーフを作ることができます。他にもデコクッキーやチョコレートを飾るなど、さまざまなキャラクターモチーフの取り入れ方があります。

1-11 ケーキポップ

丸い棒付きペロペロキャンディのような形の、小さなケーキケーキポップです。スポンジを丸く形成し、チョコレートやアラザンなどで飾り付けられています。カラフルでかわいい見た目が魅力です。小さくて食べやすいので、デコレーションケーキに添えて置かれたり、ケーキポップタワーを作る方もいます。

2 「ナチュラル」や「シンプル」など雰囲気で決めるのもアリ!

ウェディングケーキ,デザイン

ウェディングケーキのデザインを決める時は、ナチュラルやシンプルなど好みの雰囲気で決めるのもおすすめです。結婚式にテーマをたてている場合は特に、ウェディングケーキもテーマに合わせると統一感が出せます

2-1 ナチュラル派におすすめのウェディングケーキ

ナチュラルな雰囲気を出したい方におすすめのウェディングケーキが、ネイキッドケーキです。ネイキッドケーキとは、側面にクリームが塗られておらず、スポンジが見えている状態のケーキのことです。ネイキッドとは「裸の」「ありのままの」という意味があります。ニューヨークで人気に火がつき、日本でも取り入れる方が増えています。スポンジ部分がむき出しになったネイキッドケーキは、手作りしたような無造作感がナチュラルウェディングにピッタリです。装飾もきれいに飾り付けすぎず、ベリーをこぼれたように置くのも素敵です。ナチュラルやシンプルなど雰囲気で決めるのもアリ!

2-2 カラフルなカップケーキも人気

ナチュラル派にもうひとつ人気のケーキがカップケーキです。さまざまな色のクリームやチョコレートなどで飾られたカップケーキケーキスタンドに並べて、ウェディングケーキに仕上げます。見た目もかわいくてオシャレに仕上がることがポイントです。すべて同じにするのではなく、複数のデザインを取り入れるのも素敵に仕上がります

2-3 シンプル派は1点ゴージャスがおすすめ

シンプルで大人っぽい雰囲気に仕上げたい場合は、1点ポイントを作ったデザインがおすすめです。シンプルといっても、あまりに簡素ではさびしい印象になってしまいます。丸型3段ケーキの一番上に、好きな花の装飾を乗せるなど、1点アイキャッチになる部分を作っておくと、華やかですが大人っぽくシンプルなデザインに仕上がります。

3 チョコケーキやチーズケーキなどの好きなケーキで決める方法も!

ウェディングケーキ,デザイン

ウェディングケーキは見た目だけでなく、食べて楽しめるようチョコレートケーキやチーズケーキなど好きなケーキで決める方法もあります。ゲストの方に一緒に食べてお祝いしていただけるのがウェディングケーキの醍醐味です。

3-1 チョコレートケーキは大人な雰囲気に

チョコレートケーキは色合いが落ち着いている分、大人っぽい雰囲気に仕上がります。チョコレートは子どもから大人まで好まれる味なので、ゲストに喜ばれるのも魅力です。チョコレートでコーティングするのか、チョコクリームを塗るのかでも雰囲気を変えられます。

スポンジ部分をチョコケーキにして、生クリーム使ったネイキッドケーキもオシャレに仕上がります。ネイキッドケーキは側面からスポンジが見えるので、チョコケーキと普通のスポンジを重ねても違うイメージに仕上がります。

3-2 チーズケーキは装飾で華やかに

チーズケーキはスポンジケーキよりも厚みが出ない分、装飾にこだわることで華やかさを出すことができます。クリームでコーティングすることもできますが、せっかくチーズケーキを選んだのなら、見た目でもチーズケーキとわかるようにしたいものです。チーズケーキならではの金色の土台に、チョコレートでメッセージを入れたり、フルーツを飾ることで華やかさを出しましょう。

4 まとめ

ウェディングケーキは結婚式を象徴する大切なアイテムです。2人の好みや個性が光るウェディングケーキは、結婚式をより華やかに彩ります。まずはどんなウェディングケーキにしたいのか、写真を見るなどしてイメージを固めてみましょう。結婚式の雰囲気や、自分が食べたいと思ったものに合わせるのもおすすめです。
理想のウェディングケーキは、あなたの結婚式をさらに素敵なものにしてくれます。まずは下調べをして、自分の理想のウェディングケーキのデザインを決めてみてくださいね。