2017/8/18

写真ケーキもOK!1歳の誕生日におすすめのケーキ

1歳,写真ケーキ

まだ離乳食を食べている1歳の子供は、市販の誕生日ケーキを食べさせられないと考えていませんか?実は、市販品でも「初めてのお誕生日を祝うケーキ」として、食材を厳選したケーキがあります。写真ケーキやキャラクターケーキなども選択肢として考えられるので、これまで手作りを検討していた方もチェックしてみてはいかがでしょう。子供を連れて外出するのが難しい場合には、通販サイトを利用する方法もあります。部屋の飾り付けも併せてご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

1歳向けのケーキにはどんな種類がある?

1歳,写真ケーキ

初めての誕生日には、おじいちゃんやおばあちゃんも呼んだホームパーティを開くこともあるのではないでしょうか。その際、まだ離乳中だからと家族みんなが我慢することになると、大人や兄弟は退屈してしまうでしょう。しかし、1歳から食べられるケーキには、さまざまなバリエーションが揃っています。

写真ケーキ・似顔絵ケーキも選択可能!

パーティシーンにおすすめなのが、お誕生日を迎える子供の写真をもとにデザインされた写真ケーキや似顔絵ケーキです。一般的なケーキ屋さんでは生クリームやお砂糖の種類などは選べませんが、初めて誕生日を迎える子供のために食材を厳選している専門店もあります。たとえば、豆乳クリームやヨーグルトといった材料を使用すれば、大人も子供もおいしく味わうことができます。クリームの着色には食材を使用し、人工着色料を使わないようにしているケーキ屋さんもあるので、近くにそういったお店がないか探してみるのもおすすめです。

立体ケーキ・キャラクターケーキも食べられる

1歳から食べられるケーキを販売しているケーキ屋さんなら、立体ケーキやキャラクターケーキなどもオーダー可能な場合があります。立体ケーキやキャラクターケーキは好みのモチーフを選んでオーダーできるため、1歳の子供でも見た目で興味を引きやすいですね。生クリーム不使用なら子供にも安心して食べさせることができますし、大人も胃もたれを心配する必要がありません。

外出が難しいときは通販サイトを利用

1歳,写真ケーキ

小さな子供を連れているお母さんの悩みといえば、気軽に出歩けないということが一番大きいですよね。場所によってはベビーカーを押しての外出が困難な場合もありますし、バリアフリー非対応のお店だと自由に身動きが取れません。誕生日ケーキをオーダーするときも、こういった悩みから選択肢が狭まっていませんか?しかし、通販サイトを利用すれば、出歩くことなく自宅にケーキを届けてもらえます。

冷凍ケーキなら全国配送可能

通販サイトでケーキを購入する場合は、冷凍された状態で送られてきます。これを冷凍ケーキといい、配送時にケーキが崩れることを防止したり、賞味期限を長く持たせられるといったメリットがあります。冷凍の場合、生ケーキよりも味が劣るのではないかと思われる方もいるかもしれませんが、味にはそれほど差が出ません。解凍時間は取られますが、食べたい分だけカットして解凍することも可能です。なにより、全国配送可能なことがメリットといえますし、身近に1歳から食べられるケーキを販売するケーキ屋さんがない場合にも活用できます。

アレルギー対応のケーキ屋さんを活用

離乳中は子供が食べる食品の原材料ひとつひとつに、とても敏感になってしまいます。ケーキに含まれるのはクリームだけでないため、「卵や小麦粉などを一度にたくさん食べさせるのが不安」と考える方も多いでしょう。そんな場合には、アレルギー対応ケーキを作ってくれるケーキ屋さんを探すのがおすすめです。6大アレルゲンを一切使用せず作ったケーキを販売するところや、指定されたアレルゲンを省いて作成してくれるケーキ屋さんもありますので、不安な方はこういったケーキ屋さんや通販サイトを活用しましょう。

手作りケーキの注意点とは?

1歳,写真ケーキ

一方、手作りの場合は原材料欄を全て確認しなくても何を入れたのか明白なため、安心して子供に食べさせられます。写真ケーキやキャラクターケーキは難易度が高いですが、1歳の子供の場合は食べられる量も限られているため、子供の分だけ手作りで用意するのも良いでしょう。

アレルゲンになりうる食材は控える

消化器官が未発達な離乳中の子供は、脂がたっぷり含まれる生クリームを食べると、体調を崩してしまうケースがあります。また、離乳中は少しずつ食べる量を増やしていきますが、急にたくさん食べるとアレルギーの原因となることも考えられます。もし食べなれないものを食べて体調が悪化してしまった場合、不安や苦痛を引き起こし好き嫌いにつながる場合もあります。そのため、アレルゲンとなりうる食材はなるべく控えるようにしてください。市販品を利用する場合には、1歳用のお菓子やケーキ製作キットなどを使用し、チョコレートや砂糖菓子なども控えるようにしましょう。

思わず手が出るような”見た目”も重要

子供のころは、食べ物の見た目によって食欲が大きく左右されます。1歳児の場合、いつもと違う食べ物は今まで食べた経験がないことから拒絶してしまうこともあります。そのため、子供の好奇心をくすぐるような見た目に変えていくことが大切です。たとえば、ケーキを動物の顔にするといった工夫は、初めての食べ物に対する恐怖心を和らげてくれるでしょう。ほかにも、大好きなアニメのキャラクターの顔を果物で表現したり、食べたことのある野菜を使って飾り付けをしたりといった方法もおすすめです。もちろん、食べ物だけでなく部屋の飾り付けも気分を盛り上げるポイントです。

まとめ

食べられるものが限られてしまう1歳の誕生日は、どのケーキ屋さんで注文をすれば良いのか頭を抱えることも多いでしょう。外出も難しいため、手作りが中心となるのも仕方ありません。ですが、原材料にこだわるケーキ屋さんや通販サイトで購入することも可能ですので、初めてのお誕生日を記念して盛大なパーティを開きたいという方はぜひ活用してみてください。写真ケーキやキャラクターケーキなどバリエーションも豊富ですので、誕生日を迎える前に検索してみてはいかがでしょうか?