サプライズにぴったり!手書きイラストケーキの温かい魅力!

ケーキ,イラスト,手書き

ケーキといえば、結婚式をはじめ、誕生日クリスマスなどの、お祝いごとやイベントで必要になることが多いでしょう。最近では、少し変わったケーキを探している方も多く、イラスト入りのケーキが注目を集めています。
写真を使ったフォトケーキも鮮明な仕上がりが素敵ですが、手書きのイラストケーキには、ケーキを見たみんなが思わず笑顔になるような、温かい魅力があります。ケーキにイラストを手書きするといっても、素材や書き方はさまざまです。今回は、ケーキ屋さんでも使われている、ケーキにイラストを手書きする方法をご紹介します。

手書きイラストケーキの秘密!キャラクターの書き方

ケーキ,イラスト,手書き

最近よく見かけるキャラクターのイラストケーキですが、書き方や使用する素材はさまざまです。まずは、ケーキ屋さんでも使われる、チョコペンを使ってイラストを書く方法をご紹介します。

手書きの基本!チョコペンだけで書くイラストケーキ

キャラクターのイラストは、下絵とオーブンシート、チョコペンがあれば実は簡単に書けます。反転させた絵の上にオーブンシートを固定し、キャラクターの輪郭に沿ってチョコペンでなぞっていきます。いったん冷蔵庫で冷やしたあと、再びチョコペンで色を入れていきます。色をすべて入れたら再び冷蔵庫で冷やし固め、オーブンシートからそっとはがし、土台のケーキにのせれば完成です。
意外と簡単ですよね。手作りに挑戦してみたいという方は、市販のスポンジケーキを利用すると手間が省けます。

ゼリーやジャムを使って書くイラストケーキ

まずはオーブンシートを敷き、チョコペンでキャラクターの輪郭をなぞっていきます。あとでゼリーやジャムが輪郭からあふれないように、チョコペンは二度書きしておくことをおすすめします。冷蔵庫で冷やした輪郭を、パレットナイフなどでそっとオーブンシートからはがし、土台のケーキにのせます。
次に色づけをします。ジャムの場合は、キャラクターの色に合わせて食用色素を加えます。チョコペンの輪郭の中に、塗り絵をするようにジャムを入れて、完成です。
ゼリーは、600Wのレンジで20秒ほど温めて溶かします。溶けたあとは、ジャムと同じように食用色素を加えて、スプーンやスポイトを使って色を入れていきます。

生クリームを使って書くイラストケーキ

同じくオーブンシートとチョコペンを使って、キャラクターイラストの輪郭をなぞることから始まります。次に輪郭を冷蔵庫で冷やしている間に、生クリームを泡立てます。このとき、生クリームは少しツノが立つくらいのゆるめに泡立てることがポイントです。生クリームができあがったら食用色素を入れて着色しておきましょう。
輪郭が固まったら色付きクリームをのせていきます。最後はひっくり返してケーキにのせるので、同じ色なら輪郭は無視してクリームをのせて大丈夫です。このとき白い部分もクリームでしっかり塗ってください。できたら再び冷凍庫で冷やして固めます。しっかり固まったらシートからはがし、土台のケーキにのせて完成です。

ナパージュを使って書くイラストケーキ

ナパージュとは、主にムースやババロアの艶出しに使われる製菓材料です。水分の多いお菓子や果物に艶を与えて、乾燥から守るといった効果もあります。ナパージュでイラストを手書きするときは、ゼリーと同じような使い方ですが、一度溶かす作業もなく、低温での作業が可能なので、慌てずに書けるのが利点です。食用色素を加えながら、ゆっくりキャラクターに色をつけられます。ケーキ屋さんでよく使われている方法です。
自宅で試してみたいという場合、ゼリーより簡単ですが一般的なスーパーではナパージュがなかなか手に入りません。ネットでは比較的簡単に購入できますが、業務用の規格での販売が多いので普段からナパージュを使うことがある方にはおすすめの方法です。使用感は劣りますが、ゼラチンやジャムで代用する方法もあるようです。

まだある!普通のケーキを簡単にイラストケーキにする方法

ケーキ,イラスト,手書き

ケーキ屋さんのような仕上がりのイラストケーキではなくても、もっと簡単にイラストケーキを楽しみたいと考えている方もいるでしょう。次は、先ほどよりもう少し簡単な方法を紹介します。手軽に手作りを楽しんでください。

アイシングクッキーを使って簡単イラスト

アイシングは、卵白や水と砂糖を練り混ぜて作ることができます。食用色素を混ぜて使うことで、クッキーなどのお菓子の表面にカラフルなイラストを書くことが可能です。特にアイシングクッキーは持ち運びしやすいので、結婚式のプチギフトなどにも人気があります。
市販のケーキに手書きのアイシングクッキーをのせるだけで、簡単に世界にひとつだけのイラストケーキが誕生します。手書きが難しければ、市販のアイシングクッキーを組み合わせてイラストケーキ風に仕上げるのもいいですね。

チョコプレートを使って簡単イラスト

チョコプレートは、先ほどチョコペンだけで書く方法でも紹介したように作れば、意外と簡単に作ることができます。下絵の大きさを、小さなプレートサイズにすることがポイントです。チョコペンでイラストの輪郭をなぞり、色を入れたら、プレートの土台になる部分を白いチョコペンで塗りつぶします。最後に冷蔵庫で冷やした後、シートから外せばできあがりです。
お気に入りのケーキ屋さんのケーキにのせれば、オリジナルのイラストケーキの完成です。ぜひ試してみてください。

一文字ずつ丁寧に!メッセージケーキ

ケーキを作るのは好きだけど、イラストを書いたりデコレーションをするのは自信がない…」という方もいるでしょう。そんな方は無理をせず、チョコペンで気軽に書けるメッセージケーキはいかがですか?試験に合格したときや仕事の昇給などのお祝いのとき、手書きのメッセージの入ったケーキをもらえたらうれしいですよね。
クッキーにチョコペンでメッセージを記入するのもいいですが、最近では四角いケーキを賞状に見立てて、直接メッセージを書くのも人気のようです。お祝いの主役に向けた手書きのメッセージは、忘れられない感動のひとときを演出してくれますよ。

最終手段!手書きイラストを飾るだけの裏ワザ

イラストケーキケーキ屋さんで頼む時間もないし、手作りも難しいと思っている方も大丈夫です。お祝いする相手が喜んでくれそうなイラストを紙に手書きして、ピックなどを使って市販のケーキにデコレーションしてみましょう。
イラストは食べられませんが、見た目には楽しい雰囲気のケーキになります。手書きイラストの温かい印象と相手を思って書いた気持ちが伝わり、喜んでもらえるでしょう。

まとめ

手書きのイラストケーキとひとことでいっても、使用する食材や書き方はさまざまです。どれをとっても、手書きは温かみがあっていいですね。自分に合った方法で、イラストケーキを用意してみてはいかがでしょうか。きっとみんなが笑顔になる、素敵なひとときが過ごせますよ。