二人にぴったりな理想のウェディングケーキ!どんな種類があるの?

ウェディングケーキ,種類

オリジナリティのある結婚式を挙げたいと考えている新郎新婦にとって、どんなウェディングケーキにするかというのも大切なポイントですよね。いわば『結婚式の象徴』とも呼べるウェディングケーキ。どんな種類を選ぶかによって、結婚式のイメージも大きく変わります。
ウェディングケーキにも、さまざまな種類があります。今回は、4種類のウェディングケーキをご紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

ウェディングケーキ定番はやっぱり!生デコレーション

ウェディングケーキ,種類

ウェディングケーキの種類はたくさんありますが、定番になっているのは生デコレーションケーキです。
フレッシュケーキとも呼ばれるこの生デコレーションケーキは、スポンジケーキに、フルーツや生クリームを使ったデコレーションがほどこされています。数あるウェディングケーキの中でも、今もっとも選ばれているものが、この生デコレーションケーキです。
では、早速その魅力をご紹介しましょう。

みんなにおすそ分けできる

生デコレーションケーキの最大の魅力は、ゲストにもデザートとして食べてもらえることです。特に、女性が大好きなフルーツをたっぷりのせた、豪華でおいしい生デコレーションケーキには人気が集まっています。

好きな形に作ってもらえる

生デコレーションケーキの魅力と言えば、好きな形に作ってもらえることも外せません。例えば、スクエアやラウンド、ハートなどの定番の形はもちろん、まるで開いた本のような形のブックタイプや、ケーキをテニスコートに見立てたデザインなども可能です。
また最近では、ゲストにチョコペンなどのデコレーションで仕上げてもらうタイプのウェディングケーキも人気があるようです。

見た目は豪華でもお手軽価格!イミテーションケーキ

ウェディングケーキ,種類

次にご紹介するウェディングケーキは、イミテーションケーキです。
イミテーションケーキとは、つまり作り物のケーキを指しています。ケーキカットで切る部分のみが本物のケーキで作られているので、食べることはできません。
今もっとも多く選ばれているのは生デコレーションケーキですが、ひと昔前まではイミテーションケーキが一番人気の種類でした。
では、イミテーションケーキにはどのような魅力があるのでしょうか?

ゴージャスでリーズナブル

イミテーションケーキは、何といっても1メートル以上の高さにもなるゴージャスなウェディングケーキに仕上げられることが、最大の魅力です。
別名『セレモニーケーキ』とも呼ばれるこのイミテーションケーキは、豪華なケーキにも関わらず、リーズナブルな価格で作ってもらえます。そのため、とにかく会場を豪華に飾りたい場合や、ウェディングケーキの価格を抑えたいときに選ばれることの多い種類です。

温度などに影響されない

イミテーションケーキは食用ではないので、ライトの熱やホコリなどを気にする必要がありません。
ケーキ入刀は、結婚式の早い段階で行われることが多いです。フレッシュケーキでは、そのあと食べるまでの間に傷んでしまうのではないかと心配される方々もいます。イミテーションケーキなら、その点は安心です。

おしゃれでかわいいクロカンブッシュ

ウェディングケーキ,種類

ウェディングケーキの中でも、ひときわ目を引くのがクロカンブッシュです。
クロカンブッシュはフランスの伝統的なウェディングケーキで、『ごつごつした木』という意味をもつケーキです。シュークリームにカラメルをつけて、円錐状に高く積み重ねてあります。
では、クロカンブッシュについてご紹介します。

クロカンブッシュは見た目のインパクト大

クロカンブッシュは、何といってもその見た目にインパクトがあります。
かわいいものが大好きな女性は、クロカンブッシュのウェディングケーキを見ると、思わず「かわいい!」と声が出てしまうのではないでしょうか。SNS映えもするという点でも人気の種類です。
シンプルなクロカンブッシュもかわいいですが、リボンやフルーツ、あめ細工やお花などでデコレーションして、オリジナリティ溢れるウェディングケーキに仕上げたものもまた魅力的です。

長期保存も可能なシュガーケーキ

ウェディングケーキ,種類

最後にご紹介するのは、シュガーケーキです。
シュガーケーキは、イギリス王室のウェディングが始まりと言われています。大きな特徴は、生クリームではなく、シュガーペーストでコーティングされていることです。厳密な決まりはありませんが、3段で作られることが多いです。
では、シュガーケーキにはどのようなメリットがあるかご紹介しましょう。

シュガーケーキは常温で長期保存OK

ウェディングケーキの中でも、シュガーケーキはもっとも長期保存に向いている種類です。
ドライフルーツを使ったパウンドケーキで作られており、生クリームを使っていないので長期保存できます。また、常温で保存できることもメリットのひとつです。屋外での結婚式にも向いています。

まとめ

今回は4種類のウェディングケーキをご紹介しました。どの種類でも、オリジナリティ溢れるデザインで作ってもらうことが可能です。一生に一度の特別な日なので、素敵な思い出となるような、二人らしいウェディングケーキを選んでくださいね。