市販品は本当にNG?1歳用のデコレーションケーキ選びのポイント

1歳,デコレーションケーキ

離乳食を食べている1歳の子供は、食べられる食材が限られるため誕生日ケーキ選びにも気をつかいます。そのため、手作りでケーキを用意するというご家庭も多いのではないでしょうか。卵や小麦粉などが使えない場合は、代替品にも頭を抱えてしまうでしょう。
そこで、1歳のデコレーションケーキを作る際の注意点や、ケーキ選びのポイントをご紹介します。初めての誕生日を迎えるわが子に、最高のデコレーションケーキを用意してあげてください。

生クリーム不使用のケーキなら1歳から食べられる

1歳,デコレーションケーキ

誕生日というとケーキがつきものですが、食べられる食材が限定される1歳の子供には、生クリームを使ったケーキは食べさせることができません。まず、動物性の生クリームは乳脂肪が多いため、大人でも食べすぎると胸やけしてしまうことがある食材です。
また、離乳中は子供が少量ずつ食べる量を増やしていくデリケートな段階ですし、一度に大量の生クリームを使うケーキは適していません。植物性の生クリームの場合も、油脂類や添加物が含まれており、子供には適さないといえるでしょう。

デコレーションには豆乳クリームやヨーグルトを使用

豆乳クリームはその名のとおり大豆由来のクリームで、生クリームの代用品として使用できます。酸味が少なくうま味が多いことが特徴で、初めて食べるクリームにもおすすめです。ヨーグルトに関しては乳製品のため、食べられるのかどうか疑問に思われる方もいるでしょう。
ヨーグルトアレルギーを持っている場合はもちろん使用できませんが、そうでない場合は1歳から食べられるヨーグルトをクリームの代わりに使用できます。酸味が強いときには、ジャムを混ぜて甘みを出すと食べやすくなります。

市販品のスポンジは原材料に注意!

市販のスポンジケーキにデコレーションをすると、焼く手間が省けるため便利ですが、原材料をよく見てみると砂糖や植物性油脂、卵などが含まれています。特に砂糖は、虫歯や肥満の原因になるため、小さいうちは控えておいた方が良いでしょう。
そのため、手作りでデコレーションケーキを作るなら、無添加のホットケーキミックスや米粉を使用するのがおすすめです。1歳用のスポンジケーキ作成キットも販売されているので、失敗が怖い方はこういったものを活用してみましょう。

豆乳クリーム・ヨーグルトを使用したケーキ屋さん

1歳,デコレーションケーキ

手作りで愛情いっぱいのケーキを用意するのも良いですが、デコレーションに自信がないという人も多いのではないでしょうか。
市販品には添加物や砂糖も多いため、いちから作るのは大変です。そんなときには、豆乳クリームやヨーグルトクリームを使って作ってくれるケーキ屋さんを頼りましょう。

生クリーム不使用でもおいしい?

ご家庭で作る場合には味見ができますが、お店で注文するとなるとそうはいきません。「生クリームなしで本当においしいの?」と疑問に思う人もいるでしょう。ですが、食材を厳選しているケーキ屋さんでは、初めてケーキを食べる子供にもおいしく味わってもらえるよう、さまざまな工夫が取り入れられています。
原材料を細かく表示してくれるお店を選べば、何が入っているのか不安な方でも安心です。また、甘さが控えめに作られておりカロリーも抑えられるので、子供だけでなくダイエット中の方にもおすすめです。

バリエーションも豊富

1歳から食べられるケーキには、デコレーションケーキのほかにもキャラクターケーキや立体ケーキ、フォトケーキなどさまざまな種類があります。
そのため、初めての誕生日にお客さんを招いてパーティを開く場合にも、見栄えの良い品を選ぶことができます。見た目は生クリームを使用しているのと同様なので、パーティーにぴったりな華やかなケーキを探してみましょう。

手作りの場合はどんな工夫が必要?

1歳,デコレーションケーキ

手作りの場合、原材料がはっきりしているため安心ではありますが、見栄えにもこだわる必要があります。特に、小さなころは食べ物の見た目で判断していることもあるため、いかにおいしそうに見せるかがポイントです。
また、手づかみで食べられるといった手軽さも欠かせないといえます。手作りならではのデコレーションケーキを楽しみましょう。

凝った工夫は必要なし!

ケーキ作りというとテクニックが必要な気がしますが、1歳の場合、2~3歳の子供ほど好みがはっきりしていないため、色や形程度の工夫で乗り切れます。
たとえば、大好きなフルーツを盛り付けてみたり、いつも食べている乳児用のお菓子をケーキの上や周りにトッピングしたりといった方法も良いでしょう。

手づかみで食べられるケーキもおすすめ

蒸しパンのように手づかみで食べられるケーキも、1歳にはおすすめです。これだけでは物足りない場合には、乳児用のお菓子や、アイシングクッキー風のキャンドルをのせると見た目が華やかになります。ヨーグルトや豆乳クリームで簡単なデコレーションをしても良いでしょう。片手で食べられるサイズなら自分で食べられるため、食べる子供にも作った側にもうれしいですね。

まとめ

離乳中は食事に何かと気を遣いますが、ケーキの原材料にも注意が必要です。ケーキ屋さんによっては1歳から食べられるデコレーションケーキを販売しているところもありますので、まずは近くで相談してみてはいかがでしょうか。
キャラクターものや立体ケーキなどケーキ屋さんによってはデコレーションケーキ以外にも選択肢がありますので、初めての誕生日にとびきりのケーキを用意してください。