デコレーションケーキのデザインの最新ラインナップをチェック!

デコレーションケーキ,デザイン

スイーツ店のショーケースを飾る、鮮やかなデコレーションケーキ。生クリームとイチゴの定番デコレーションはもちろん、チョコレートやフルーツなどをふんだんに使うケーキもあり、デザインや味のバリエーションも多彩です。いざ選ぶとなると迷ってしまう人も多いのではないでしょうか。
今回は、記念日のお祝いやパーティーなど、特別なひとときを彩るデコレーションケーキの最新トレンドをチェックしながら、シーン別におすすめのデコレーションケーキのデザインをご紹介いたします!

デコレーションケーキは日本だけ?

デコレーションケーキ,デザイン

デコレーションケーキとは、スポンジケーキをクリームやフルーツ、チョコレートなどで飾りつけをした洋菓子のことです。実は「飾る」を意味するデコレーション(decoration)と「ケーキ」を合わせた和製英語。海外で「デコレーションケーキ」と言っても通じません。
英語圏では結婚式や記念日などに贈られるデコレーションケーキを「fancy cake(ファンシーケーキ)」と呼びます。ファンシーとは、想像や空想を意味する言葉です。なお、誕生日ケーキに関しては「decorated birthday cake(デコレーテッドバースデーケーキ)」と呼びます。

思い出の1ページに。みんなが喜ぶバースデーケーキ

デコレーションケーキ,デザイン

いくつになっても嬉しい「ナンバーケーキ

誕生日ケーキといえば、年齢の数だけともしたキャンドルを吹き消すシーンを思い浮かべる方も多いはず。一息ですべてのキャンドルを吹き消すことができると、願いが叶うというジンクスもよく聞かれます。
年齢を重ねていき、たくさんのキャンドルがケーキに立てられているのは、少し恥ずかしい。そんな方におすすめしたいのが、この「ナンバーケーキ」です。数字そのものをかたどったケーキで、見た目のインパクトも大!ケーキの味やデコレーションタイプを自由に選べるお店が多くみられます。

大人数で食べやすい「ロールケーキタワー」

こちらは一口サイズのロールケーキを積み上げてタワー状にデザインしたデコレーションケーキです。店頭はもちろんネット販売でもで気軽に組み立てキットが買えるため、またたく間に人気となりました。
食べる人数によりロールケーキの個数を指定すると、数種類のロールケーキを組み合わせて作ってもらえます。キットの場合は、自分たちで自由に積み上げてタワーを作ります。ロールケーキだけでなく、リボンやフルーツをあしらって仕上げていけば、ポップでより華やかな印象になりますね。

幸せムードUP!フォトジェニックなウェディングケーキ

デコレーションケーキ,デザイン

フランスの伝統菓子「クロカンブッシュ」

ミニサイズのシュークリームを、ピラミッドのような円錐状に積み上げたデザインが特徴的なのがクロカンブッシュです。
フランスでは、赤ちゃんはコウノトリが運んでくるのではなく、キャベツ畑で生まれると言われています。フランス語でキャベツは「シュー」。シューを高く積み上げたクロカンブッシュは、子孫繁栄の願いが込められており、昔からウェディングケーキのデザインとして定番だったそうです。
シンプルなデザインですが、花火やリボン、アイシングやあめ細工などで飾ればかわいさは倍増。取り分けやすいので、ゲストにも喜ばれます。

永遠の愛を誓う「ブックケーキ

本を真ん中で開いたようなデザインのデコレーションケーキです。結婚証明書に見立てて、チョコペンで新郎新婦が署名をするという演出から人気が出ました。また、上部の面積が広いため、フルーツを飾ったりマジパンで作った新郎新婦の人形を乗せたりとさまざまなアレンジに対応できるため、ふたりの個性が存分に出せるのも魅力です。

あなたは定番派?それとも個性派?人気のクリスマスケーキ

デコレーションケーキ,デザイン

定番だけど新しい!「ブッシュドノエル」

フランス語でブッシュは丸太、ノエルはクリスマスという意味を持ちます。丸太をデザインしたブッシュドノエルは、19世紀の後半頃から、パリでよくみられるようになったクリスマスのデコレーションケーキです。切り分けやすいこともあり、日本でもすっかりクリスマスの定番デコレーションケーキになりました。
チョコレートクリームでデザインされたものが一般的ですが、ホワイトクリスマスをイメージして、白い生クリームをベースにデザインされたブッシュドノエルもあります。ほかにも、マロンクリームでモンブラン風に仕上げたタイプや抹茶味で緑色の和風など、たくさんの種類が登場しています

サンタさんの「立体3Dケーキ

キャラクターや動物を立体的にデザインした立体3Dケーキは、ドーム型のかわいらしいものから、細かい部分まで再現されたものまであり、その技術は日々進歩しています。
たくさんのクリームで、ふわっとかわいらしく作られる立体3Dケーキは、サンタクロースやトナカイ、雪だるまなどのキャラクターにぴったりです。また、フルーツや生花などでデコレーションされたクリスマスツリーやリースなどの立体3Dケーキは、パーティーシーンをさらに華やかに引き立ててくれるはずです。

まとめ

デコレーションケーキを贈るときは、なるべくたくさんのお店の情報を入手し、お気に入りのデザインを見つけ出すようにしましょう。ネットで調べてみると、パティシエ自慢のデコレーションケーキがたくさん出てきます。じっくりと比較検討してみてくださいね。