バースデーケーキのデコレーションを簡単にできる方法

バースデーケーキ,デコレーション,簡単

手作りのバースデーケーキに挑戦したいけれど、難しくて完成させられずに挫折してしまった経験はありませんか?スポンジケーキがふっくら焼きあがらない、生クリームがきれいに塗れないなど、理由はさまざまです。また、一度デコレーションを始めて失敗してしまうと、やり直しがなかなかできません。しかし、せっかくのバースデーケーキなので、きれいな仕上がりものにオリジナリティを出してお祝いしてあげたいところです。そこで、バースデーケーキを簡単にデコレーションする方法をピックアップしてみました。

どんなデコレーションにしようか迷ったら

バースデーケーキ,デコレーション,簡単

バースデーケーキのデコレーションに迷ったら、まずはネットのレシピサイトなどで検索してみましょう。レシピやアイデアがたくさんあり、一見すると難しそうでも実は簡単に作れるというものもたくさんあります。しかし、無計画でデコレーションを開始してしてしまうと、やり直しができず失敗してしまう可能性もあるのでイメージを固めてから飾り始めましょう。

バースデーケーキは定番のイチゴが人気

いろいろな素材を使ったカラフルなデコレーションもポップで可愛らしいですが、やはり生クリームに鮮やかなイチゴが人気です。そのまま並べたり、スライスして飾ったりと、イチゴだけでもバリエーションは豊富です。少し寂しいなというときは、ミントの葉やブルーベリーを添えるだけでアクセントになります。赤いイチゴは生クリームだけではなく、チョコレートケーキやチーズケーキにも相性はピッタリです。

季節のフルーツで彩りをプラスしよう

定番のイチゴに、季節のフルーツをプラスするのもおすすめです。たとえば春はオレンジ、夏はメロンなど、イチゴとは違う色を加えてみると彩りが豊かになり、華やかな印象を与えてくれます。最近では通年手に入るフルーツもありますが、香りや味わいを考えると、できるだけ旬のものを選ぶと良いでしょう。

難しいスポンジケーキを簡単に済ませたい場合は?

バースデーケーキ,デコレーション,簡単

誕生日ケーキといえば、ふっくらしたスポンジケーキが定番です。このスポンジケーキにもたくさんのレシピがあり、味や形、使う素材などのバリエーションも豊富です。また、材料を混ぜて焼くだけのキットも市販されており、ゼロから作るのは難しいという人におすすめです。

市販のスポンジケーキをデコレーション

バースデーケーキは手作りに挑戦といっても、スポンジケーキから焼くのは大変です。そんなときは、市販のスポンジケーキを活用しましょう。基本的には大手スーパーで購入できますが、一部ではクリスマスやバレンタイン以外の季節は取り扱いをしていないケースもあります。近場で売っていないときは、ケーキ屋さんに聞いてみましょう。あまり知られていませんが、スポンジケーキだけの販売が可能なお店もあります。

パサパサな市販のスポンジケーキをしっとりさせる

市販のスポンジケーキを購入したけれど、お店のものと比べてパサパサ感が気になるということもあるでしょう。そんなときは、デコレーションをする前にシロップを塗るとしっとり感がアップします。シロップは、材料の砂糖と水を1:2の割合で鍋に入れ、火にかけて溶かしたら完成です。しっかりと冷やしてからスポンジに刷毛などで塗ってください。もしリキュールをお持ちの場合は、香り付け程度に入れると風味が良くなります。また、デコレーションにフルーツの缶詰めを使う場合は、そのシロップをそのまま塗っても代用できます。

もっと簡単にデコレーションしたい!

バースデーケーキ,デコレーション,簡単

オリジナリティを出したいけれど、普段あまりお菓子作りをしない人や、時間がない人もいます。そんなときは、もっと簡単にデコレーションできる方法もあります。

スコップケーキで簡単デコレーション

簡単なデコレーションでも、丸いスポンジケーキに生クリームを均一に塗るのは難しいものです。生クリームを塗るための回転台があるご家庭も少ないかと思います。そこでおすすめなのが、スコップケーキです。深さのある器に、スポンジ・クリーム・フルーツを重ねていくだけの簡単なケーキで、スポンジケーキを器に合わせて切って並べるのでデコレーションの必要がなく、とてもお手軽です。食べるときも、切り分ける必要はありません。その名の通りスコップ(スプーン)ですくって取り分けるので、食べる量に差があるときもおすすめです。

お店のバースデーケーキに少しプラスで

手作りで作る時間がない人は、お店で買ったバースデーケーキに、チョコペンで名前やメッセージを入れるだけでも気持ちが伝わります。ケーキにスペースがない場合は、少し大きめのお皿やプレートにメッセージを書き足しても、おしゃれ度がグッと増します。ほかにも、少し変わった形のロウソクや、ケーキ用の花火でのデコレーションもおすすめです。そのなかでも数字のロウソクは、ケーキにたくさん刺す必要がなくなるため、デコレーションが崩れる心配がなくなります。ちょっとプラスしたい、オリジナリティを出したいというときにぴったりです。

まとめ

難しく感じるバースデーケーキのデコレーションも、ちょっと工夫するだけで簡単にできます。ただし、一度始めてしまうとやり直しができない場合が多いので、先にしっかりとイメージしてから作り始めましょう。