心に残る!ウェディングケーキを使った演出!

ウェディングケーキ,演出

結婚披露宴において、ウェディングケーキは場を彩る大切な要素です。ケーキ自体のデザインも大切ですが、ケーキを使った演出も用意しておくといっそう盛り上がりますよね。よく知られているのはケーキカットですが、ほかにもおすすめの演出はたくさんあります。新郎新婦だけでなく、家族やゲストを巻き込んだ演出も楽しいですね。ウェディングケーキを使った演出で、結婚式をさらに華やかなものにしていきましょう。

定番!ウェディングケーキの「ファーストバイト」!

ウェディングケーキ,演出
バイトとは「かじる」という意味です。つまり、ファーストバイトとは新郎新婦がお互いにケーキの一口目を食べさせ合うという演出です。照れながらも愛情の深さをアピールできて、今や定番の演出のひとつかもしれません。

基本は一人ずつ

ファーストバイトの基本は一人ずつ食べさせ合う方法です。ただし、ファーストバイトは結婚式の中でも、とても盛り上がるシーンです。ゲストにもたくさん笑ってもらえるようなファーストバイトの演出方法もご紹介します。

同時に食べさせ合う

二人同時に食べさせ合う方法です。やってみると意外に難しくて、ゲストがつい笑ってしまうような、楽しい光景を演出できます。

サプライズ演出

サプライズの定番は、食べさせる道具を大きいスプーンなどに変えておくことです。たいていは、新婦が新郎に食べさせます。当然一口で食べきれるはずもなく、新郎の顔がクリームまみれになってしまいます。その様子がおもしろくて写真映えするので、とても人気が高い演出です。

両親やゲスト一緒に!「ラストバイト・お手本バイト・サンクスバイト」

ウェディングケーキ,演出
新郎新婦だけではなく、両親やゲストを巻き込んだ演出も人気があります。みんなで披露宴を楽しみましょう。

ラストバイト

お互いの両親が新郎新婦にケーキを食べさせる演出です。子供の頃から料理を作り続け、その一口が最後という意味でラストバイトという名前が付いています。

お手本バイト

新郎新婦が食べさせ合う前に、まずはお互いの両親にお手本を見せてもらう演出です。普段なかなかない両親が照れている姿は、こんな機会でしか見ることができませんね。

サンクスバイト

新郎新婦がお世話になったゲストにケーキを食べさせる演出です。わざとケーキを顔につけるなど、式が盛り上がるポイントのひとつです。

新しい演出!ケーキを完成させる「カラードリップ」

ウェディングケーキ,演出
カラードリップは、新郎新婦が二人で、ウェディングケーキにソースをかける演出です。この演出によって未完成のケーキが完成していく様子は、今後の二人の絆をさらに深めるものになるでしょう。

ケーキ入刀に代わる新しい共同作業

初めての共同作業というとケーキ入刀が思い浮かびますが、カラードリップを取り入れた披露宴も少しずつ増えてきています。ウェディングケーキのデザインをよりいっそう楽しめるという特徴もあります。

ゲストも何が始まるのかワクワク

カラードリップはまだ実践している人があまり多くないため、ゲストも何が始まるのかとワクワクしてくれます。披露宴を飽きさせない演出としても効果的ですね。

ドロドロのソースが特徴

カラードリップは、ドロドロのソースが少しずつ垂れていくのが特徴的です。ケーキの段数が多ければ多いほど、迫力があってゲストも見入ってくれることでしょう。

当たったらラッキー!「ラッキードラジェ」

 ウェディングケーキ,演出
ラッキードラジェは、ウェディングケーキの中に当たりとしてドラジェを入れておく演出です。ドラジェとは、砂糖ペーストでアーモンドを包んだお菓子のことです。ドラジェが入ったケーキを食べたゲストに、サプライズを用意しておく演出も人気があります。

海外では一般的

ラッキードラジェは、日本では最近流行ってきましたが、海外ではすでに一般的な演出です。映画などでも、ドラジェをゲストに配るシーンが映っていることがありますよね。

ゲストへのサプライズ

ラッキードラジェで盛り上がるのは、当たったゲストにサプライズを用意しておく演出です。プレゼントを用意したり、新郎新婦へのスピーチを即興で頼んだりすると、大いに盛り上がるでしょう。

注意点

ラッキードラジェでありがちな失敗が、配られるケーキが大きすぎるというケースです。料理でお腹がいっぱいのときは、ケーキまで食べきるのは大変ですよね。ドラジェを無理矢理探そうとすると、ケーキがグチャグチャになってあまり見栄えがよくありません。ラッキードラジェに使うケーキは、食べきれる大きさにしておきましょう。

まとめ

ウェディングケーキの演出には、さまざまなものがあります。自分たちらしい演出で披露宴を盛り上げられるように、演出のプランを考えてみましょう。このほかにもアイデアがあったらぜひ取り入れて、披露宴をいい思い出にしていきましょう。