パーティにも使える!1歳から食べられるキャラクターケーキ

1歳,キャラクターケーキ

初めての誕生日には、家族や友人を呼んで盛大なパーティーを開くという方も多いですよね。そんなときには、家族みんなが笑顔になれる「キャラクターケーキ」がおすすめです。キャラクターケーキとは、アニメや動物などさまざまなものをモチーフにしたケーキのことで、子供から大人まで楽しむことができます。
1歳の子供はまだ離乳中のため原材料にはこだわる必要がありますが、1歳でも食べられる子供用のキャラクターケーキを販売するお店もあるので、ぜひ参考にしてみてください。

1歳におすすめのキャラクターケーキ

1歳,キャラクターケーキ

1歳の誕生日を記念してパーティを開くなら、思い出に残る特別なケーキを用意したいものです。そんなときには、キャラクターをモチーフにしたキャラクターケーキはいかがでしょう。
1歳のアニバーサリーにぴったりな華やかさが加わり、家族みんなが笑顔で過ごせる一日になるでしょう。ただし、生クリームを使用しているかどうか、代用品の使用が可能かなど、原材料には注意しましょう。

キャラクターケーキで一緒に誕生日を祝おう

キャラクターケーキとは、アニメのキャラクターや動物など好きなモチーフをもとにシェフがひとつひとつ手作りしてくれるケーキのことを指します。子供のお気に入りのキャラクターをケーキにして、一緒に誕生日をお祝いしてもらっているような気分を味わわせてあげましょう。大好きなキャラクターを見て、子供も笑顔になること間違いなしです。
ただし、チョコレート・生クリームなど、控えている食材がある場合はあらかじめ伝えておきましょう。ケーキ屋さんによっては豆乳やヨーグルトなどのクリームを使って製作してくれるところもあるため、事前に相談しておく必要があります。

立体キャラクターケーキならインパクトあり

「もっとインパクトのあるケーキが欲しい!」いという方は、立体キャラクターケーキがおすすめです。立体キャラクターケーキは、さまざまなモチーフを立体的に仕上げたケーキのことで、子供が大好きなキャラクターものも人気があります。
1歳はまだ好みがはっきりしない年ごろなので、犬やパンダなどの動物をモチーフに選ぶのもおすすめです。デコレーションケーキの上にキャラクターを乗せてもらい、ちょっと変わった2段ケーキにすることもできます。

1歳児は生クリームを食べてはいけない?

1歳,キャラクターケーキ

1歳の誕生日を機に、生クリームを初めて食べさせたという親御さんも多いのではないでしょうか。しかし、日本では1歳児に砂糖や油脂がたっぷり入ったお菓子や生クリームなどをあまりあげてはいけないといわれます。
レシピサイトでも1歳の誕生日向けにさまざまな料理が掲載されていますが、卵や生クリームなど制限されている食材が異なり、どれを省くべきなのかわからなくなってしまっています。本当に、1歳の誕生日に生クリームを食べてはいけないのでしょうか?

1歳児が1日に摂取して良い油脂は5g程度

ケーキは種類が変わっても、たくさんの油脂を含んでいます。しかし、1歳児の油脂の摂取目安は1日5g程度です。ケーキにはバターや生クリーム、チョコレートなどたくさんの油脂が含まれているため、食べ過ぎには注意が必要です。
そのため、豆乳クリームやヨーグルトクリームなど、生クリームよりも油脂が少ない材料を使ってケーキを作るのが適切なのです。結論を言うと、生クリームは食べてはいけないものということではなく、量を制限する必要がある食べ物といえます。

糖分の摂りすぎにも注意

生クリームには、たっぷりの砂糖が含まれていますが、1歳児の砂糖の摂取目安は1日小さじ1~2杯とかなり少量です。誕生日にはケーキのほかにもいろいろなメニューが出されるので、知らないうちに目安を大幅に超えてしまう可能性があります。
これを防止するには、あらかじめ砂糖の少ないクリームを使用するほかありません。そのため、1歳の誕生日には手作りケーキを用意するところが多いのでしょう。

原材料を変更してくれるケーキ屋さんをチェック

1歳,キャラクターケーキ

先述したように、1歳はまだ離乳中のため、生クリームや砂糖がたっぷり入ったケーキは不適切といえます。しかし、1歳の子供が食べられるよう配慮したケーキを販売するケーキ屋さんもあります。近くの店舗にそういった対応が可能かどうか問い合わせてみると良いでしょう。

合成着色料の有無と代替食材の確認

ケーキ屋さんでキャラクターケーキをオーダーする場合には、合成着色料の使用有無について確認しておきましょう。なぜなら、子供が好むキャラクターはカラフルな色合いであることも多く、知らない間に体に悪いものを取り入れてしまう可能性が考えられるからです。
ジャムやナッツ、カスタードなどで色付けしている場合にも、アレルギーを引き起こす可能性がありますので、代替食材にも気をつけましょう。

クリームの種類にもこだわる

1歳用のケーキを製作してくれるケーキ屋さんでは、生クリームの代わりに豆乳クリームやヨーグルトクリームなどを使用していることがあります。
この場合、大豆や乳製品にアレルギーがあると生クリーム同様に危険ですので、どんなクリームを使っているのかをしっかりと確認しておきましょう。

まとめ

初めての誕生日には、家族そろって笑顔で過ごしたいですよね。キャラクターケーキは、その見た目で家族みんなを笑顔にしてくれるケーキです。
1歳から食べられるよう原材料にこだわったケーキ屋さんもありますので、ぜひ参考にしてみてください。